コンパートメントNo.6
空回りするわたしを捨てて、列車に乗った-。
空回りするわたしを捨てて、列車に乗った-。

「コンパートメントNo.6」第74回カンヌ映画祭グランプリ 2023/2/10(金)より新宿シネマカリテほか全国順次公開

bg
空回りするわたしを捨てて、列車に乗った-。

「コンパートメントNo.6」第74回カンヌ映画祭グランプリ 2023/2/10(金)より新宿シネマカリテほか全国順次公開

コンパートメントNo.6
コンパートメントNo.6
コメント到着
コメント到着
bg

STORY INTRODUCTION

STORY INTRODUCTION

カンヌ映画祭グランプリをはじめ世界中で17冠の快挙!カウリスマキ監督に続くフィンランドの新たな才能が誕生! カンヌ映画祭グランプリをはじめ世界中で17冠の快挙!カウリスマキ監督に続くフィンランドの新たな才能が誕生!

モスクワに留学中のフィンランド人学生ラウラ。彼女の、古代のペトログリフ(岩面彫刻)を見に行く旅は、恋人にドタキャンされ、急遽一人旅に。そんな彼女が寝台列車6号コンパートメントに乗り合わせたのは、モスクワのインテリたちとは正反対の、粗野なロシア人労働者リョーハ。最悪の出会いから始まった、二人の長い旅の行方は……。

カンヌ映画祭ある視点部門で長編第1作『オリ・マキの人生で最も幸せな日』がグランプリを受賞し、輝かしい監督デビューを飾ったユホ・クオスマネン。ロサ・リクソムの同名小説を原案にした本作『コンパートメントNo.6』で、監督第2作にして同映画祭コンペ部門に選出され、堂々グランプリを獲得。フィンランド・アカデミー賞と言われるユッシ賞では作品賞・監督賞・主演女優賞など7冠を制し、アカデミー賞®国際長編映画賞フィンランド代表選出、ゴールデングローブ賞非英語映画賞ノミネートと世界中の映画祭で17冠の快挙を遂げ、フィンランドを代表する新たな才能が誕生した。映画祭で絶賛されたセイディ・ハーラ、ユーリー・ボリソフの演技と、『動くな、死ね、甦れ!』のディナーラ・ドルカーロワの出演にも注目。

携帯もSNSもない1990年代を舞台に、アキ・カウリスマキを思い起こさせるメランコリーとオフビートなユーモア、そして雪をも溶かす純な心が、不器用で孤独な魂を結びつける愛の物語。あなたはきっと、雪深い北の街を舞台に描かれる、その結末に心をくすぐられ、微笑まずにはいられないだろう。

map
map
map
map

REVIEWS

Rotten Tomatoes 批評家93% 観客86%(2022/11/10)
世界の見方が変わるような映画。Awards Radar
この映画の美しさと説得力は、心に刻まれた小さな瞬間、偶然の出会い、見知らぬ人との会話にある。Midnight East
この型破りなラブ・ ストーリーは、まるで北極圏を舞台にしたリチャード・リンクレイター作品のようだ。Empire Magazine
bg bg

Director&Cast Director&Cast

bg
監督:ユホ・クオスマネン

監督:ユホ・クオスマネン

1979年フィンランド・コッコラ生まれ。ヘルシンキを拠点に活動する映像作家。アールト大学のヘルシンキ映画学校を2014年に卒業。在学中の中編『Taulukauppiaat(ペインティング・セラーズ)』(2010)が次世代の国際的映画製作者を支援するために設立された財団によるカンヌ映画祭シネ・ファウンデーション賞を受賞。フィンランド・アカデミー賞(ユッシ賞)でも監督賞など4部門にノミネートされた。監督長編デビュー作『オリ・マキの人生で最も幸せな日』(2016)がカンヌ映画祭ある視点部門でグランプリを受賞。本作でカンヌ映画祭コンペ部門のグランプリに輝いた。前衛的なオペラや演劇の芸術監督や、生演奏によるサイレント短編映画を制作したり、生まれ故郷のコッコラで開催される小さな映画祭の共同設立者でもある。

bg
セイディ・ハーラ(ラウラ役)

セイディ・ハーラ(ラウラ役)

1984年フィンランド・キルッコヌンミ生まれ。凍てつくような暗い冬の風景と、氷のように冷たい湖で泳ぐことを好み、現在はトゥルク在住。2004年にヘルシンキ学生劇場で演技を始め、2005年と2006年にサンクトペテルブルクのロシア国立演劇アカデミーで演技を学ぶ。また、ヘルシンキ芸術大学でも演技を学び、2015年に卒業。卒業後、映画と演劇の両方で活動し、フィンランド・アカデミー賞(ユッシ賞)でノルディスク映画賞を受賞した『Tottumiskysymys(Force of Habit)』(2019)でオムニバス映画の主役の一人を演じた。主演を演じた本作でフィンランド・アカデミー賞(ユッシ賞)主演女優賞に輝き、ヨーロピアン映画賞女優賞ノミネート、ヨーテボリ映画祭最優秀演技賞を受賞した。また共同脚本と主役を務める演劇作品も高い評価を受けている。

bg
ユーリー・ボリソフ(リョーハ役)

ユーリー・ボリソフ(リョーハ役)

1992年ロシア・モスクワ生まれ。2010年映画界でキャリアをスタートし、テレビ番組「U kazhdogo svoya voyna(Everyone has his own war)」で初主演を果たす。2013年ミハイル・シェープキン演劇学校を卒業。主演を演じた『AK-47 最強の銃 誕生の秘密』(2020)でロシア最大の映画賞ゴールデン・イーグル賞の主演男優賞を受賞。本作でサン・パウロ国際映画祭とバリャドリード国際映画祭で主演男優賞受賞し、ヨーロッパ映画賞とフィンランド・アカデミー賞(ユッシ賞)で主演男優賞にノミネートされ国際的評価も得た。

bg
ディナーラ・ドルカーロワ(イリーナ役)

ディナーラ・ドルカーロワ(イリーナ役)

1976年ロシア・サンクトペテルブルク生まれ。1989年映画デビューし、ヴィターリー・カネフスキー監督『動くな、死ね、甦れ!』(1989)に出演し強い印象を残した。『フリークスも人間も』(1998)でヨーロッパ映画賞女優賞ノミネート。ロシアの映画やテレビドラマのみならず、フランスでも活躍し『やさしい嘘』(2003)ではセザール賞新人賞にもノミネートされた。長編初監督作品『Grand marin』(2022)はサン・セバスチャン国際映画祭で新人監督賞にノミネートされている。